出会いが欲しい!出会い探しサイト

出会いをお探しの方の為の無料出会い系サイトです。

12月, 2014年

車の出会い

2014-12-08

深夜の伊豆スカイライン、俺は愛車の“HONDAS800”を思い切り飛ばしていた。
真夏の深夜の伊豆は、東京よりは幾分涼しく、エアコンなど装備がない時代の車に乗る身には有難かった。この車、なんと43年も前の車のだから、見る人が見れば判るのだろうが、知らない人にとっては、まるっきりゾンビのようなものだろう。おまけに、新車のようにきれいにレストアしたこのエスハチは、もしかしたら、HONDAの新型車に見えるかも知れない。
快調なエンジンを目いっぱい回して、ちょっと長めのストレートを駆け抜け、迫ってくる中速コーナーにアプローチを決めるため、ブレーキングを開始。フルブレーキングから、ヒールアンドトウでシフトダウンをし、4速〜3速に落とす。エンジンの回転数は4000/RPM以上をを保ち、気持ちよくスロットルに反応する。軽くテールスライドを起こしている状態を、これも軽くカウンターを当てて姿勢を保つ。俺のいう通りにエスハチは踊るように、滑るようにコーナーをクリアーして行く、はずだった。
突然目の目に現れた人影に、俺はぶったまげて、エスハチをスピンさせるようにして停めた。
そこには、両手を広げて行く手を阻むようにして、若い女性がたっていた。
彼女は、スピンのためにたち昇ったタイヤスモークが晴れないうちに、俺の方へ駆け寄ってきた。
「すいません、本当に驚かせてしまって申し訳なく思います。でも、助けてください。車が動かなくなっちゃって、どうしても伊豆の病院に行かないといけないんです。お爺ちゃんが危篤なんです。せめて、最後ぐらいは付き添っていたいんです。我が儘勝手な孫でしたけれど、本当にお願いします。私を伊豆の病院に連れていってください。お願いします」と、一気に捲くし立てた。
彼女が出てきたであろう方向を見ると、月明かりに一台のヨタハチ(TOYOTAS800)が、黄色と思われる車体のボンネットから、薄い煙をあげて息の根を止めていた。
ヨタハチは空冷エンジンなので、水蒸気では絶対にない。と言うことはOIL系統の可能性が高い。この場で直すことは、先ず無理だろう。
「いいよ、道は知ってるの?」と訊くと「はい、知っています」
これだけの会話で、彼女はパッセンジャーシートに勝手に乗り込んできた。俺は、エスハチに思い切り鞭を入れて、その場を飛び出した。
「この車、“HONDAS800”ですよね。凄い車に乗ってますね。おまけに、凄く快調そうだし」と、さっきまでの泣きそうな顔からは想像できないぐらい、晴れやかな顔をして、コックピットの隅ずみまで眺め、フロントスクリーンから見えるボンネット上の“パワーバルジ”を指さして「あのバルジって、機械式のインジェクションを入れるために出来たけれど、実際には京浜精機のキャブになっちゃって、その名残なんですよね」などと、一人で興奮していた。
スカイラインの終点までは、あっと言う間に到着。その後は彼女のナビゲーションに従い、無事に病院についた。
彼女が降りるときに「良かったら、ヨタハチのキーを俺に預けて。知り合いのメカニックを呼ぶことができる。それと、差しさわりが無ければ、連絡先を教えて。そうしたら、ヨタハチが治ったら、指定の場所まで運ぶことができるぜ」
「え!、そんな〜、ここまで送っていただいただけでも、本当に申し訳なく思っているのに、ジョニーの御面倒までおかけする訳にはいきませんから」
「え!ジョニーって、ヨタハチの事」
「はい、彼はジョニーって言うんです」と彼女が言う。俺は可笑しくなって、思わず場所もわきまえずに、声をあげて笑ってしまった。
その後、メカニックの隆達の奮闘により、ヨタハチは息を吹き返した。思った通りOIL系統だった。しかし、単純に古くなったヘッドガスケットが、高回転に耐えきれずに吹き抜けただけだったので、思いのほか早く治り、彼女に連絡を入れたら、こちらも幸いな事にお爺ちゃんが持ち直したと言うことだった。
そして、あれから三ヵ月たって、今、彼女は俺のスティディーな彼女になっている。
女性としては極めて珍しい“旧車ファン”で、これも車が取り持つ縁なのだろう。
エスハチとヨタハチに感謝している、今日この頃だ。

趣味の出会い

2014-12-08

自慢じゃないけれど、俺は彼女いない歴、何と三年。二十八歳になる、いわゆるアラサーの独身男。彼女がいた三年前には、良く手料理を作ってもらっていたので、彼女の料理が俺にとっての家庭の味と言うわけだった。しかし、彼女と別れて以来久しく家庭の味なんていうものには縁がなくなってしまったと言うわけ。
実家は北海道なので、しょっちゅう帰ることもままならず、お袋の味にも縁があるわけではない。したがって、俺の栄養源の第一位はコンビニ弁当、第二位はラーメン屋、第三位は居酒屋料理と言うのがベストスリーと言うわけ。
自分では料理をする暇がない。営業部に籍を置く俺は、朝早く部屋を飛び出し、夜遅くにご帰還と言う生活だから料理をする気にもなれないのだった。まあ、このような生活環境がネックになって、彼女は俺から離れて行ったのだけれどね。
しかし、秋の定期人事異動で、何と俺は人事部に配属をされて、比較的規則正しい生活環境になることができた。
これをきっかけにして、俺はこれまた何と何と“料理教室”に通うことにしたのだった。
教室に初めて通いだした日、この時のメンバー全員に紹介をされて、俺は晴れて料理をする独身男子の仲間入りの入口にたったと言うわけだった。
自分のポジションに立ち、隣の若い女性に挨拶をした。とても大人しそうな、小柄で可愛らしい、二十五〜六に見える素敵な女性だった。彼女は俺に「なにか判らないことがあったら、遠慮なく訊いてくださいね。私で判ることは、教えて差し上げられますから」と、優しくいってくれた。
早速講師による実習が始まった。今日はパスタの調理実習だ。ベーコンとキノコのクリームパスタを作ることになった。
食べたことは何回もあるが、今まで作った事はない。
様々な行程を説明されたが、さっぱり判らず隣の“若宮知里さん”に「すいません、何を言われているのか全く分からないのです。全て、若宮さんの真似をさせてください」とお願いをしたと言うわけだ。
いろいろ若宮さんに訊いたり、真似をさせてもらったりして、なんとか俺の初めての料理“ベーコンとキノコのクリームパスタ”が完成した。
その後、いよいよ自作の料理を試食。自分で作ったとは思えないほど、本格的な味になっていた。若宮さんも「初めてにしては大変お上手でしたね。特に、フライパンの扱いは、本当にお上手でした」と、お褒めのお言葉をいただいた。
試食も終わり、腹も膨れて、後片付けをしてから解散になった。
何となく若宮さんと肩を並べて歩きながら駅に向かっていた。お住まいを訊くと、何と俺と同じ方向で、俺よりも二つ先の駅が最寄り駅だと言うではないか。
俺は思い切って「今日のお礼と言っては堅苦しいでしょうが、お近づきの意味も込めて、良ければ少しお酒でも御馳走させていただけませんか」と言ってみた。
「あ、はい、ぜひお付き合いさせていただきます。実は私って、お酒が結構好きなんです」と、ポッと頬を赤らめて言ってくれた。
駅近くのBARで飲みながら、いろいろな話をして、若宮さんて実は三十三才だと言うことが判った。独身アラサーは俺と同じだか、何て若々しいのだろうと思い、なんだか彼女に好感以上の感情を持ってしまったことは確かだった。
あれから三ヵ月、俺は彼女と自然に男女の付きあいを始めていた。
彼女も自分が年上だと言うことを前面に出すことはなく、何事につけても控え目に振舞ってくれる。
俺は、彼女に尊敬の念を持ち、彼女をいたわり、常に彼女を守る事を心がけてきた。しかも、それが自分でも意識しないで出来ていた。つまり、彼女といると、ごく自然に自分を表現できるのだった。
そのことを彼女に言うと、自分もそうだと言ってくれた。
俺たちは、更にお互いを知り、お互いを慈しみ、理解を深めることを約束したのだった。料理教室が、と言うより、別れた彼女が送ってくれたプレゼントなのかも知れない。
この若宮さんとの関係を、大事に育てて行きたいと深く思う俺だった。

女の寂しさ

2014-12-08

私はアラフォー・独身の女性管理職。
しかも、もうすぐ部長職に抜擢をされることが、この間内示があったばかりと言う、はたから見たら“強いおんな”だわ。
でも、外見はどう見てもアラサーで、しかも20代の後半、そうね、27〜8歳にしか見えないの。
でも、部下は年上・既婚の男子が沢山いるから嫌になっちゃわよね。
彼らって、必ず私をまず女として見ているわ。
それは感覚で解るの。
おまけに、ひそひそと「課長って、どんなやつとやってるんだろう。抜群にスタイルはいいし、顔なんてそこいらの女優やモデルが土下座するぜ。
おまけにどう見たって20代の後半ぐらいにしか見えないしさ。ああ〜、あんな女とやりて〜」
なんて囁いているのを、直接聞いたこともあるわ。
彼らが言うように、私は結構な美人だと自覚しているわ。
女優で言うと誰に似ているとか、そう言う細かいことは別にして、何となく自分でもシャープな感じの美人だと思っているわ。
こんな私の一番の悩みは“男との出会い”ね。
社内で男を作ったら、それこそ身の破滅だし、社外に男を求めることにも不安はあるわ。
いつかきっと、どこかでばれるから。
でも私だって、男の人に甘えたいし、優しく抱かれたいと思っているの。
いつだって、女はそう言う欲求はある訳なのよ。
でも、それを満たすことが出来ない私は、結構不幸なのかもしれないって、最近は思うことも多いのよね。
横浜市長になられた“林文子さん”なんかでも、きっとこんな気持ちがあるのかもしれない。
でも彼女には御主人がいらっしゃるから、私のような想いをなさることはないのかもしれないわね。
そんなある時に、部下の係長の一人が「課長、3ヶ月連続、もっと言えば半期連続で目標達成ですよ。会社からは報奨金をいただきましたけれど、なんかこう
課内の結束を高めるために、ここはいっちょう決起会をやっていただけませんか」と言ってきた。
私も、そろそろそんな感じかなと思っていたところなので、「いいわ、やりましょう。どうせやるんなら休日前の日に、徹底的にやりましょう。
費用は部長に掛け合って、相当額を出してもらいます。皆さんには参加費として、千円のみの徴収と言うことで考えましょか」
と言うと「え、本当ですか?課長が就任されてから、うちの課は初めはギクシャクしていたんですが、課長の指示命令とおりに動き、それが機能してから、
私たちは本当に結束してきたつもりですが、何となくみんなで集まることが出来なかった。でも、これでもっと硬い絆ができます、きっと」
と40半ばの係長は、顔をあかくしていった。
私は決起会の日に、思い切り飲んだ。
課員全員と一気飲みをして、みんなを驚かせた。
そして、気がついたら知らない部屋で、知らない男と抱き合っていた。
抱きあいながら、私は彼の肉茎をしごき、彼は私の女陰を舐めまわしていた。
時折見える彼の顔は、ついさっき、新橋の裏道、銀座に続くBARで会ったばかりの男性だと気づき、更に彼は久振りにあった、大学のゼミで
一級上の先輩だったことを思い出したのだった。
私は、何となくホッとしていた。
こうやって男性に抱かれることがある意味で、私の憧れだったからだ。
体中の性感帯が、激しく彼の愛撫を受け入れ、私の女陰からは大量のマン汁が流れでていることだろう。
そして、彼はそれを美味しそうにピチャピチャと音をたてて啜っている。
こんな、何でもないセックスをすることって、何年ぶりかしら。
あとはどうなれ、今日は彼に思い切りサービスしてもらって、今までの穴埋めをすることにしたわ。

アーカイブ

プロフィール

運営者:川 美帆 ■お問い合わせ
Copyright© 2014 出会いが欲しい!出会い探しサイト All Rights Reserved.